環境保全・市民教育委員会

水生生物調査(天白川上流)

2018年8月2日(木)日進市内天白川上流で水生生物調査(環境調査)を実施しました。ボーイスカウト、一般公募の市民等約100名が参加し、川に住む生き物を採取してどんな種類が生息しているのか、川の水質はどうかを調べ、川の環境を調査しました。また、川の周辺のゴミ拾いも行いました。私たちの住む街を流れる川がいつもきれいであるように願い活動を続けていきたいと思います。


水生生物調査(天白川)

8月第1例会終了後、日進市内を流れる天白川において「水生生物調査」を開催いたしました。日進市環境課に協力して、毎年川に住む生き物の調査と、川の水質がどうなっているかを調べています。今年も子ども達が多数参加して、川に入って魚やしじみ、カエルなど様々な種類の生物を捕まえました。先生に魚の名前やどういう環境に住んでいるか、また従来種なのか外来種なのかも教えていただきました。今回は「ましじみ」がたくさん生息していたとのこと、しじみは川の浄化に大変役立つ生物だそうです。捕まえた生物の中で、めだかに似た魚は残念ながら外来種、ウシガエルも外来種、これらは捕まえたら処分します。子ども達が一生懸命川で生物を捕まえている間、メンバーは川の中や堤防のゴミ拾いを行いました。大きなゴミはありませんでしたが、川の草の間にはいくつかゴミがありました。今後も私たちの街の川がきれいになるよう活動を続けてまいりたいと思います。

環境保全・市民教育委員会の活動内容

このページの上部へ